失敗しないインプラント治療なら名古屋市瑞穂区のコンドウ歯科へ
HOME>治療後の定期検診のすすめ

治療後の定期検診のすすめ

定期検診およびメンテナンスが必要です。


インプラントはもちろんのことも、ほかの歯も守るためにも、治療後は3カ月に1回、
定期検診およびメンテナンスが必要です。
インプラント後の予防の重要性
インプラント後に歯を失うことのないよう、当院の予防システムでインプラントも自分の歯もしっかりメンテナンスをして、健康に保つことが大切です。

定期検診はなぜいいのか?

インプラントといえども、天然の歯と同様に普段の歯磨きやお手入れ、専門医による定期的なクリーニングを怠ると、歯肉炎や歯周病になってしまいます。しかも初期には痛みや腫れなどの自覚症状を伴わないので、そのまま放置しているとインプラントの破損や脱落を招いてしまいます。定期検診により早期に発見することが大切です。
また、インプラントは天然の歯のようには動かないので、加齢などで噛み合わせが変化するとインプラントに負担がかかってしまいます。定期検診で噛み合わせもチェックして、必要であれば修正を行います。
インプラントに限らず、ほかの歯もむし歯や歯周病にならないようメンテナンスを行い、予防に努めることが歯を長く保たせるためには、必須条件です。
一番は歯を失わないこと!! それが重要
インプラントは、歯を失ったあと、ほかの歯を健康に保ち、むし歯や歯周病を防ぐ予防のための治療法でもあります。しかし、「一番は歯を失わないこと」なのです。つまり、歯を失っていない人はインプラントの必要がないということ。それが理想です。
当院では、予防歯科に力を入れています。歯周病に対しても、歯周内科、スクーリング、ルートブレーニング、歯周病専門医による歯周外科手術、再生療法(エムドゲイン)などを行い、極力抜歯をしないよう努めています。