失敗しないインプラント治療なら名古屋市瑞穂区のコンドウ歯科へ
HOME>当院のインプラントが安全な理由

| 当院のインプラントが安全な理由 |

インプラントの意義


当院の考えるインプラントの意義は、歯を失ったときの機能回復はもちろんのこと、残っている歯の負担を軽くし、問題を未然に防ぐ「予防」にあります。
不運にも歯を失ってしまったあと、そのまま放置してしまうか、または入れ歯、ブリッジという処置をするかという選択肢があります。
ところが入れ歯は違和感があるだけでなく、噛む力が自分の歯の半分以下に減り、残った歯がむし歯や歯周病にかかりやすくなります。ブリッジの場合は両側の健康な歯まで削ることになり、削った歯は、むし歯や歯周病になりやすく、寿命を縮めてしまいます。これらの処置は、残った健康な歯にどんどん負担をかけて、いつかは過労死させてしまうものです。

一方、インプラントにすると、自分の歯のようにしっかり噛めるようになります。残っている歯に負担をかけることはなく、それどころか骨を活性化するため、欠損した部分のあごの骨が徐々にやせていく現象の予防にもなって、残っている歯の負担をとりのぞくことで健康に保って長持ちさせます。
しかしインプラントは、あくまで歯を失ってしまったあとの処置にほかなりません。
まずは歯を失わないこと。1本でも多くの自分の歯を残すために、むし歯や歯周病を未然に予防し、インプラントの必要がなくなるのが理想です。当院では、インプラントとともに最新の設備と高い技術による予防歯科医療に最も力を注いでいます。