失敗しないインプラント治療なら名古屋市瑞穂区のコンドウ歯科へ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

補綴物 (ほてつぶつ)
歯の欠けた部分を補うもの。入れ歯、詰め物、かぶせ物等のこと。
投稿者 コンドウ歯科 
2回法
2回法とは、インプラント治療の際にかかる外科処置(オペ)の回数が、2回必要な方法のことです。
埋入オペの後、埋め込まれた本体の上部を歯肉で完全に覆い、骨と結合するのを待ちます。骨と結合したのちに上部構造と連結しますが、その際に、本体の頭部 を露出する必要が生じます。歯肉を切開し、頭部を出すための2回目のオペが必要となります。
1回法の場合は、頭部を歯肉で覆うのではなく、ヒーリングキャップという部品で封をします。ヒーリングキャップを外すだけで上部構造との連結が可能にな り、歯肉の切開を行う必要がありません。
投稿者 コンドウ歯科 
チタン
銀灰色の鋼に似た固体金属。軽くて強度があり、耐食性も強いだけでなく、人体との親和性が高く、アレルギーにならない、骨と結合するなどの特徴を持ってい ます。
歯科ではインプラント体や義歯の材料等に用いられます。
また、歯科だけではなく医科でも広く使われ、骨折時の補強としてチタンボルトなどが使用されています。
投稿者 コンドウ歯科 
チタン合金(ちたんごうきん)
チタンを主成分として、アルミニウム・クロム・鉄などを添加した合金。
投稿者 コンドウ歯科 
伝達麻酔 (でんたつますい)
外科処置、手術を行う部位の、神経伝達路に局所麻酔剤を注入し、その支配下の神経全体を麻痺させる方法。
上顎は眼科下孔、下顎は下顎孔に行います。
投稿者 コンドウ歯科 
 
2